banner(3).gif
FC2ブログ

井戸に何人入れるかというイベントを行った(お通夜)


先日井戸に何人入れるかという
井戸の限界突破を狙うイベントを行った。

たたみます。
















約2週間前の告知後見ている人だけでなく
主催者からも存在を忘れられていたこのイベント、
当日朝にコメントをもらっていて思い出した。
まずい、何も決まっていない。





当日、ドレスアップも済ませ気がつけば23時。
現地に急ぐ。
猛烈に腹が痛い。
3日前のカレー食ったのが原因と思われる。
場所はガートラント城下町井戸前。
どこだよそれ。
地図を確認すると城の手前にあります。
えらい奥まってるな。
どこだよここ。












うおおおおおおおおおーーーーーー!!!!
突撃ー!!!!!!



















ガートラントには2個井戸がある。
こっちじゃない。
てか、めっちゃいる。
そんな人いるの?大丈夫か?
一抹の不安がよぎる。













誘導。
一路井戸へ!!












めっちゃ人いる。
一抹の不安が極大の不安に変わる。
暇な人しか来てはだめって念を押したのに誰も聞いてない。










こんなお知らせまで。
こんなイベントに課金ダメ!絶対!
絶対無駄だったって思われる自信がある。













しかも井戸の前には

いどのオバケという名前のそこはかとなくこのためだけに
作られたと思われても過言ではない裸エルフが鎮座している。
なんという気合い。




とにかく井戸に入るべく行くと





























封鎖されてた。
えっ。
何で入れないの。
井戸イベント、fin...





どうやらバトエンのクエストがあるみたいで
それをクリアしてないと入ることができない模様。
終わった。







最悪だ。
まさか井戸解放クエストがこの世に存在していたとは・・・
バトエンのクエスト受注すらしていない状態だから全くわからなかった。
だいたい封鎖されてる井戸をクエストで使うってどういう状態なんだよ!!






しかしここで参加者の半分くらいが
俺も入れない私も入れないという人が続出。
バトエンのクエストどうなってんだ誰もやってないじゃないか。(僕も)
急きょバトエンの認知度アンケートイベントに切り替える。
これが現場の判断ってやつですよ。







「バトエンのクエストやってない人ー!」




多すぎぃ
ノばっかりすぎぃ

バトエンの行く末が心配になってきた。













参加者からも「入れない」「なんとかしろ」「謝罪会見を開け」と
暴動一歩手前。





しかしここからが腕の見せ所。
今までのプランのぐだぐだとは違うんですよ!!力量が!!
こういう時いきあたりばったりで話すからぐだぐだになるのですよ。
ここは計画していた通り毅然とした態度で統制を取り次の手を打つ。

















「アグラニの町へ移動します」

急きょ思いついたその場しのぎの内容でイベント場所を変更する。













アグラニへGO!










めっちゃ人いる。
ここでかなりの人があきれて帰るかと思いきや
意外に脱落者が少ない。
普通のプレイヤーならこの時点で何これ?ってなって帰るはずなのに
さすがこんな場末のブログを読んで来るほどの人たちは訓練されている。
今回の参加者はタフだな。

もしここで初心者の方が来たら花道のアーチを作って
ドラクエとはこういうゲームだと認識してもらおう。
実際来たら全員即ルーラさせて離脱。







それではこの人達に一列に並んでもらって1人ずつ井戸に入っていってもらう。
あーでも整列するの人多いし時間かかるやろなー。















めっちゃ整然としてるんですけどー!
すごいんですけどー!
何だったら主催者何もしゃべってないのに
みんな自分でやってくれてるんですけどー!

ヤンくんがすごい勢いでさばいてくれていっていた。
彼こそが・・・名司会者・・・!!














みんなが一列に並び昔の討伐買いを思い出した頃
前方では1人ずつ井戸に入っていく催し物が幕を開けていた。















シーン。
誰一人しゃべっていない。
ただ並んで時間を消費しているだけ。
ただひたすら皆のサタデーナイトを奪っていっているだけ。
後方でただ待たされている人達のことを考えると胸が痛む。
なんなんだこれは・・・と思っているだろう。
安心してください、主催者も同じ気持ちです。









井戸の中にいる現地の人からも情報が入る。
中も全く白チャもなくお通夜みたいな状態だそう。



中はお通夜、外もお通夜。
一体これはイベントとして成り立っているのだろうか。







参加者がPTチャットで
「何これ」「意味がわからない」「帰ろう」と言っている声が手に取るようにわかる。
中ではサワッチの漫談が行われているようでしたが
それについて誰も触れていなかったので
怖くて僕も詳しく聞けなかった。
















ここまで一切盛り上がることなく常に凪の状態イベント。

明日からの読者と今後のイベント参加者を失いつつ
列は順調に進みなんと150人ほどが入っていった。
井戸のポテンシャルすごい。



一応実験の結果。
井戸には150人余裕で入るが多少重たくなる。














並びの最後に自分も入ろうとすると
横にいた友人ふうおうがプランちゃん待って、と。




「中にいる人に一斉に出てきてもらって。」

「一斉に出てあふれてきたところの絵が撮りたい」



それだ!
それおもしろそうではありませんか!
ふうおうくん、僕も今まさにそれを言おうとしていたんですよ。
中に入れておいて一気に出す。
井戸の周りにあふれる人々。
E!Eぞ!!
これはいい絵も撮れるしただ井戸に入って解散させられる参加者さん達への
盛り上がりの1つになる!













中へ入って告知します。

「合図と共に一斉にロープを上がりましょう」

これだ。
井戸の中にぎゅうぎゅうに押し込まれた人を
一気に放出する。
誰かが言った。

「井戸の中の人抜いてみました」


どこかで聞いたような気がする人気出そうなにおい。
上は上で一気に人が出てきて派手な絵が撮れそうだ。
これは盛り上がるぞー。

















なんという芥川龍之介。











ただこれが派手どころか
合図がわるかったせいでちょっとずつ上に出ていって
じわ~っと井戸から人が出てくるだけで超地味。
終わった。
起死回生の人間花火も地味だった。
今のところ全て地味。盛り上がり0。













もはやどうにもならない状況の中で盛り上がるにはどうしたらいいか・・・
起死回生の策を思いついた。
皆にダイスを振ってもらい一人の参加者を指名し
その人に逃げてもらい全員で捕まえに走る。
これをやろう。


皆にダイスを振ってもらい
一人の水みたいな名前の参加者を指名したその時
プランに電流走る。

「ここまで長引かせてまだここから鬼ごっこしようとしてるのか俺は?
正気か?
そこに参加者の顔はあるのかい?」

あんちゃん・・・!!
急いで取りやめ結果指名された方を困惑させ
皆にはただダイスを振ってもらっただけになった。
しかしこの施策を進めその先に待つリスクを一つつぶしたのだ。
これが・・・危機管理・・・!!

















もう最後に井戸の中で写真を撮って終わりにしよう。
そうするしかないと覚悟を決めたそのとき



中では

既に例のいどのオバケを囲んで撮影会が行われていた。






参加者が主催の手を完全に離れた瞬間であった。





















もう写真撮って終わろう・・・
イベントも佳境に入った頃
ここでガートラントの井戸前に一番に座っていた
写真真ん中右でけいれいしている裸エルフいどのオバケの様子がおかしい。

















「これで、、、ぼく・・・」










「あっちへいけ・・・そうだよ」

あっち?
いどのオバケどうした?









「シァ ワ セ」

いどのオバケ?







「し た 」






「また・・・どk・・・」

瀧くん・・・!!
声が・・・三葉の声が・・・










「ウッ」











いどのオバケえええええええええっ

先ほどまでいた場所から消えていた・・・
キャラデリ・・・
いどのオバケは天に召されたのだ・・・
ありがとういどのオバケ・・・
今日のために来てくれてありがとう・・・











一同、敬礼。
黙祷。
踊る大捜査線ですみれさんをかばって刺された青島を見送るイメージ。



















「彼・・・?誰の事・・・?」

「ぷら・・・ん?」

「あれ私はどうして井戸の中に」

「あれ?ここどこ?」

「おうちかえるー」

「なんでこんなところにいるのかしら」

「ここは。。。。一体?」

「ここ1時間くらいの記憶がないお」

「夕飯の買い物いかなきゃ」


いどのオバケの力により皆の記憶は消えた。
君の名は。
あの感動の名シーンがよみがえった。
そのまま一緒にこのイベントの記憶も消し去ってほしい。



















いどのオバケ・・・
今日のために生まれ今日のために死んでいった男。
キャラデリという名の天国へいったとしても
僕たちは君のことを忘れない。
こんなどうでもいいイベントのためにキャラを作り
そのまま消えていく。
なんといさぎよいのだろう。
悲しい最後だった。

ありがとういどのオバケ。
二度と会えない彼。
あの世にいっても僕たちのことは忘れないで。


最後に一応本当に消えているか広場を調べてみた。










































おるんかーい!














やかましいわ。














ブログランキングに参加していますー。
イベントはもう当分やりません。
下のうろこ僧侶をクリッククリック↓ banner(3).gif にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

この記事へのコメント

- - 2018年05月27日 20:45:17

もう少し読み易くするといいかもですね。
筆者一人で盛り上がりすぎてて、読み手が置いてかれてる感
非常に蛇足が多い。

- - 2018年05月27日 20:51:51

その後の真のイベントに触れられてないですね

Re: タイトルなし - プラン - 2018年05月27日 21:16:25

> もう少し読み易くするといいかもですね。
> 筆者一人で盛り上がりすぎてて、読み手が置いてかれてる感
> 非常に蛇足が多い。

こないだだいたい同じような内容のコメントいただいた方ですね!
コメントありがとうございます!
言ってることが合いすぎてて何も言い返せないのですが
無理、無駄、ムラだけでできているブログと思ってもらえれば
いいかもしれません。
蛇足はほんと多い・・・

Re: タイトルなし - プラン - 2018年05月27日 21:17:15

> その後の真のイベントに触れられてないですね

長すぎて自分ですら読むのがつらくなってきたので
分けましたですよ。
しかしそれを知っているということはそなた・・・!

- ハッチ - 2018年05月27日 21:20:50

最高のオチです!
真のイベントは楽しかった!!

- - 2018年05月27日 21:35:20

とても有意義な時間でした。ありがとございました。

- 額装ちゃん - 2018年05月27日 21:39:11

わーい!昨日の今日でレポ上がっててうれしい!
スチャダラのヒマの過ごし方聞きながら読みました
芥川のとこ何回読んでもまさにって言っちゃう

いどのオバケさん - わ~ - 2018年05月27日 21:54:06

あの出で立ち…
以前ブログで拝見したゆきむらを思い出しました!
(めっちゃ好き)
これだけ笑ってこれだけ真顔になるイベントもなかなか無いと思います!w
また機会があれば是非参加させて頂きます!

- けい - 2018年05月27日 21:59:42

真のイベントレポも楽しみにしてます!

- - 2018年05月27日 22:00:37

芥川龍之介で腹筋崩壊した

管理人のみ閲覧できます - - 2018年05月28日 03:35:57

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- - 2018年05月28日 07:55:08

サワッチさんの漫談は「イコプの嫁が遊びに来てくれてるのに、それを無視して俺はここで漫談している」みたいな趣旨のやつでした!
すごく面白かったです!

- - 2018年05月28日 08:46:57

柿栗8年井戸5年… 柿は良いとして栗は3年です。桃は?
井戸5年ということはサービス開始から5年目でやっと実って成仏されたということですね。

- - 2018年05月28日 09:58:12

いどのオバケさんが、あんなにイケメンだったとは・・・

- まう - 2018年05月28日 12:08:59

いどのオバケさんの正体は…
緑の方をパートナーに持つ、青い方だったとは!?

イベントお疲れ様でした!
初参加だったのですが、ものすごく楽しかったです!

後で、気付いた事なのですが、移動速度6%の足を装備していました!!
そりゃ、速いわな。

最後までありがとうございました!

- - 2018年05月28日 12:23:17

ラーメン屋で読んでいどのオバケさんが最後満足したあたりで不覚にも涙しました

- いどっち - 2018年05月28日 13:15:08

やはりプランさんは、おもしろい。復活してくれて嬉しい限りです。

いつも笑わせて貰ってます。ありがとう。

- マロン - 2018年05月28日 18:34:01

なんと真のイベントがあったは!

「終わりです、お疲れ様でした~」を聞いた後に落ちてしまって、プランさんに挨拶したかったけど、ま、いっか~で寝てしまったあのときの自分を恨むよ~

真のイベントブログ楽しみ~

- - 2018年05月28日 23:23:45

課金して参加するかどうか悩んでいて、結局金欠なので参加は見送ろうと思い課金はしなかったのですが、読み終わってから課金すればよかったと心底後悔しております。

今度プランさんが何らかのイベントを開催された際には絶対に参加します。

- まう - 2018年05月29日 09:41:15

あぁぁぁぁ!
オバケさんは緑のおじょさまの方だったー!!
失礼いたしました!!

- おきりゅう - 2018年05月29日 21:11:50

イベント本当に楽しかったです。プランさんと会えて感無量でした。イベント参加したことを記事にさせていただ気ましたのでもしよかったら読んでください。安心して下さい。(ツバは)吐いてませんよ。真のイベント参加できなかったのがぐやじい。また、楽しいイベントの開催をお願い致します。

トラックバック

URL :

プロフィール

プラン

Author:プラン
特技
柿の種を見ただけでどんな味か当てることができる。
レジでどこが一番早いか一瞬で察知できる。

グレン草原エリア5946丁目6番地


ライトでもなければヘビーでもない
レベルも高くもければ低くもない
所持金も多くもないがかといって
全くないわけではないミスター中途半端。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スライム
ドラクエ風アクセスカウンターもどき
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム